【糖質制限ダイエット】トイレ小が近い?!どう考えても回数が増えた件

当ブログは、ひどい産後太りに悩む主婦がダイエットに成功するまでの迷走記です。
まずは結論「どうやって8キロやせたの?」についての記事からどうぞ!
    
産後太りからダイエット成功!母乳終了後太り始めた私が8キロ痩せた方法

こんにちは。はれうさぎポン子です。

産後太りで糖質制限ダイエット中でございます。

糖質制限ダイエットをはじめて約2週間。

夜中に必ずトイレに起きるようになりました。

おじいちゃんか!

いや、おばぁちゃんや!(?)

いえ。年齢の問題ではありません。

糖質制限ダイエットの問題です。

日中はトイレの回数を意識せずに過ごしていたので、自分でも気づいていませんでした。

が、

夜中に必ずトイレに起きるようになって気づきました。

糖質制限ダイエットを始めてから、確実にトイレ(小)の回数が増えているのです。

糖質制限ダイエットをするとトイレ小が近い件について

調べてみたところ。

糖質制限ダイエットをするとトイレ小が近くなるのはて糖質制限ダイエット界では、有名な話みたいでした。

糖質制限を行うと、トイレ(小)が近くなり、むくみが取れるという現象が起きるのだとか。

理由は

糖質1gで3gの水を抱え込むから

へ~

糖質を制限すると、糖質が水を抱え込まなくなり、水分が体から排出されやすくなるんだとか。

糖質制限ダイエットをはじめて最初にガクッと体重が減るのは、水分が減ってむくみが取れるから

確かに、私の場合も糖質制限ダイエットを始めた際、最初にめっちゃ体重減りました。

あれは、水分が減ったからだったんですね。

3日で約3キロ減ったもんね

糖質とると体重がすぐ戻るのも水分のせいなんだね

なんだか、こうして糖質制限ダイエットをしてみて「体に現れる現象」と「理論」が一致すると面白いですね。

自分の(人間の?)体の仕組みに感動します。

「おー、すごい。ちゃんと機能しているやん私。」と。笑

糖質制限ダイエット」をはじめてから、体の仕組みについていろいろ勉強になることが多く面白いです。

これで体重も減ってくれるんですから、「糖質制限ダイエット」本当にありがたいです。

うんうん

まとめ

というわけで。

糖質制限を行うと、トイレ(小)が近くなるのは「あるある話」なようです。

糖質1gで3gの水を抱え込むから

これを知っておくと、糖質を厳しく控えたり、ちょっと多めに摂ったりした後に、体重が大きめに変動する際も、大きく動揺しなくて済みそうですね。

以上、

「トイレ小が近い?!どう考えても回数が増えた件」についてのお話でした。

ではでは。

【2017/05/01追記】
糖質制限ダイエットを始めて約2ヶ月が経った現在、夜中にトイレに行きたくて目が覚めることはなくなりました。

朝起きる時間にトイレに行きたくて目が覚めることはありますが、糖質制限ダイエットし始めの頃よりはトイレの回数は減ったと思います。

多くの糖質制限ダイエッターの方のブログ記事にあるように、トイレ(小)が近くなるのは糖質制限ダイエットスタート当初に起きる現象で。

糖質制限ダイエットを続けている間ずっと続くわけではないようです。

毎晩夜中にトイレに起きる日々が続くとなると辛いですが、一時的なものだとわかりホッとしています。

【ダイエットの記録】
・開始時体重:64.0キロ (体の写真はこちら →
・昨日の体重:63.2キロ
・今日の体重:62.6キロ(ダイエット13日目)

【目標体重】
・第一目標:59.9キロ
・第二目標:57.0キロ
・最終目標:55.0キロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。