【糖質制限レシピ】作り置きが美味しい揚げない鯖の南蛮漬け

産後太りで糖質制限ダイエット中のポン子です。

こちら久々に作った「鯖の南蛮漬け」。

20170526-091440-0

これね。
新婚時代」の思い出の食べ物でございます。

主人は魚ならシンプルに「塩焼き」が好きで、煮魚などはあんまり好まないので普段は「南蛮漬け」もあまり作りません。

しかし新婚時代(4年前)、私たち夫婦は「中国上海」に住んでいました。

hana_0412033

そこで売っている肉やら魚やらは全体的に「臭み」があり、シンプルに「塩焼き」しただけでは、なんだか美味しくいただけなかったのです。

「豚肉」で水炊きにしたらビックリする程まずい(臭い)鍋ができた思い出もあります。

鍋料理で失敗するとか日本じゃちょっと考えられないでしょう?^^;

そう。「中国のスーパーで買う食材」は基本的に「素材のおいしさ」を楽しむシンプルな調理法とはすこぶる相性が悪かったのです。

なので魚も焼いて何かしら味付けをしなくてはならず、そこでよく作っていたのが「鯖の南蛮漬け」でした。

今回久々に作ってみようと思ったのは、スーパーで安売りになっていた鯖をつい買ってしまったから。^^;

はい。半額につられました。

hana_0412035

しかし、なんとなく「塩焼き」でシンプルに食べるには新鮮さに欠ける雰囲気でしたので久ぶりに「南蛮漬け」にしてみました。

と。前置きが長くなってしまいましたが、「作り置き」として数日置いておけるのも嬉しい「鯖の南蛮漬け」でございます。

もちろん、糖質制限ダイエット的にもOKなメニューですよー。

スポンサーリンク

鯖の南蛮漬け

好みにもよるとは思いますが「鯖の南蛮漬け」が苦手な人は、「魚の臭み」がダメであったり「酸味」が苦手であったりする人が多いように思います。

なのでなるべく「魚の臭み」を取りつつ「酸味」に控えつつで作ってみました。

hana_0412034

今回改めて「魚の臭み」を抑える方法について調べてみましたが、「調理前に塩を振る」のはこれまでもしていましたが「油で揚げる」ことが有効だということは初めて知りました。

なんでも、魚の臭み成分が「油で揚げる」ことで気化するためだそうですよ。

と言いましても。

正式に「揚げる」となると後片付けが大変なので「揚げ焼き」で作りました。

「糖質制限ダイエット」を初めてから「油」自体を恐れることがなくなりましたので、いつもよりしっかり目に油を使ったところいつもより美味しくできました。^^

鯖の南蛮漬けの作り方

<材料>
・鯖・・・今回1匹分の切り身
・野菜・・・今回は玉ねぎ・ニンジン
・塩・・・適量
・油・・・揚げ焼き用

<タレ(調味料)>
・醤油・・・大2
・酢・・・大2
・はちみつ・・・大2

<作り方>
1.鯖に塩をして10分ほど置き出た水分を拭きとる。
2.多めの油で揚げ焼きにする。

※魚に小麦粉や片栗粉をまぶして揚げ焼きにしても良いと思いますが、無くても美味しいので使っていません。(糖質オフにもなりますし。)

20170524-170759-0

※ここで「油をけちらずにしっかり揚げ焼き」にすると、こんがりと焼きあがり「魚の臭み」も落ちやすくなります。
先にも書きましたが、魚の臭み成分が「油で揚げる」ことで気化するためだそうです。

中国のスーパーで売っている油なんてどれもこれも「5リットル入り」でしたし、中国料理がなんでも油で揚げられているのはそういうこと?

・参考ブログ>>油売り場


3.混ぜ合わせたタレをフライパンで30秒ほど煮詰める。(酢の酸味を飛ばす)

4.出来たタレに魚と野菜をつけて完成。

20170524-170905-0

(保存容器に入れて冷蔵庫に入れておく。当日よりも翌日以降がよりおいしい。)

鯖の南蛮漬け完成

魚臭さもなく、酢っぱすぎず食べやすい南蛮漬けができました。

しっかり揚げ焼きをして酢が入ったタレにつけていますので、小骨まで食べられます。

20170526-091440-0

糖質制限ダイエットで肉料理に飽きてきている皆様。

さっぱりと美味しい南蛮漬けはいかがでしょうか?


以上、ちょっと新婚時代を思い出し、4年の月日の流れの速さに思いをはせたポン子でした。

新婚時代の自分ってもはや別人ですね・・・。

ではでは。